ナチュラルシステムでのミドリイシ飼育奮闘日記です(^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シラナミ・スーパーメタリック の巻


シラナミ・スーパーメタリックの仲間入りです!
2週間前の話ですが(笑)

IMGP7864-3.jpg

2、3週間前に、超極美シラナミがいくつかのショップに入荷しましたよね
そしてどれも目ん玉飛び出るほど高い!!w(@o@)w
欲しいけどこの値段は。。。。!!

と我慢していたのですが
あるショップに入荷したこいつを見たときは、ついに我慢できず
ごれ゛、ぐだざい゛」 ( ̄皿 ̄;
と言ってしまい申した。

写真がうまく撮れないので色がうまく伝わりませんが、

・ほぼ全面にメタリックが載っており、中心部に向かってメタリックが濃くなっている。
・横から見てもメタリックが残る
・口の中までギラギラメタリック

と、シャコガイにはうるさいおいらの「スーパーメタリック」の条件を満たしていて
黒い斑点模様とのバランスなどもとても気に入っています。
美貌を保ったままでっかく育ちますよーに。





  1. 2011/11/20(日) 00:14:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

カクレ追加 の巻

こんにちは
前回のブログ更新をきっかけに急にアクア熱が復活してきましてですね、生体追加しました。
追加したのは、ここに来てなんとカクレクマノミ!

2年以上ハタゴイソギン単独で飼育してきたんですが、やっぱり共生してるのが自然の姿だろうと思ったわけです。

ハタゴとカクレではあまりにもベタベタなのでペルクラにしようと思っていたんですけど
ペルクラのチビがいなかったのと、ペルクラの方が気が強いということもあってカクレにしました。

IMGP7676.jpg

カクレは店でもダイビングでもあまりにも身近に居すぎて、最近はじっくり見たこともなかったんですが
じっくり観察すると、おお、かわゆい。。。

放流直後はどこにいってよいか分からずウロウロ。
IMGP7715.jpg

でも10分もしないうちにハタゴを見つけてそっと入っていきました(^o^)

IMGP7785.jpg

好奇心旺盛なバートレットがジロジロ見に来ました。
バートレット:「ソコニハイッタラ、アブナイワヨ!」
カクレ:「ワタシタチハ、ダイジョウブナノヨ!」
バートレット:「アラ、ソウデスカ オダイジニ」

そんな会話が聞こえてきそうです(笑

IMGP7740.jpg


カクレは大事に育てれば10年でも生きるので、長生きさせたいですねー

IMGP7787.jpg





  1. 2011/09/25(日) 21:55:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

久しぶりすぎる更新 の巻

半年ぶりの更新になってしまいました。
いまだに更新チェックしてくれてる人がどれだけいるのだろうか。。。(笑)

最新の水槽写真
IMGP7651.jpg

ハイマツ(ピンク、ブルー)とスギノキ、そして見えにくいですが左奥のテーブルが
半年でだいぶ成長しましたー
スギノキは水面まで達した部分を何度が折ってまして、それが前面に並んどります。
なかなか更新もできないので画質をけちらず、いつもより多めに写真アップします!


水槽右側アップとか、、、
IMGP7656.jpg

水槽側面からの風景とか、、
IMGP7664.jpg

下から見上げた風景とか、、
IMGP7663.jpg

ハイマツピンク
IMGP7658.jpg

ハイマツブルー
IMGP7657.jpg

スギの林
IMGP7667.jpg

なぜ今日半年ぶりのHP更新をしようと思ったかというと、半年ぶりに生体を買ったからです
アクアテンション低下したときは、生体購入が特効薬になりますよね!

買ったのは、ヤスリミドリイシとヤセミドリイシ。

ヤスリ
IMGP7653.jpg

ヤセ
IMGP7655.jpg

どちらも前から欲しかったんですが、なかなか見つけられていませんでした。
たまたまB-BOXの通販を見てたらブリード物をお手軽価格で売っていたのでゲットしてしまいました。
ヤセミドリイシは条件が良いとスーパー蛍光グリーンになる(やつもいる)らしいので成長と色上がりが楽しみです。
ヤスリは成長が遅そうなので気長に待ってみましょー

忙しかったりテンション低下などで、水換え頻度が月1回40Lペースなのですが、とくに水槽の調子は悪くないです。
ただ、ヒメシャコの色が落ちました。。

半年前
IMGP7649.jpg

今日
IMGP7671.jpg

メタリック部分の面積が小さくなったのと、全体的に黒っぽい感じが。。。
シャコガイに取り付いて栄養分を吸い取る吸血巻貝が発生しているので、その影響かもしれないし
水換えをサボっているので水質に反応したかもしれんですし、シャコガイは光の状態で色を変えますので
光が合わないのかもです。

向かって左のシラナミは変化ないんですけどねぇ。
お気に入りなので、なんとかもとに戻って欲しいもんです。








  1. 2011/09/19(月) 17:50:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

配置換え  の巻

長い間とてもきれいな水槽を維持されていた方で、地震で水槽を断念された方がたくさんいらっしゃいます。
でもその気持ちは良くわかります。。

うちも悩みましたが、継続することにしました。
その代わり、水面を低くしたりメタハラのコンデンサーを水面より高い位置に設置したり
可能な限りの安全対策をしました。
あと、メタハラの照明は電力に余裕のある夜間(23:00-翌6:00)に変更です。

ちなみに、前回のブログでお話しました、サカナリッチ水槽にして(栄養塩をあえてある程度負荷して)
ミドリイシの色を濃くしよう作戦は成功半分、失敗半分でした。

浅場ミドリイシは確かに色が濃くなったように感じます。
ただハイマツピンクは、やや茶色っぽい色が入ってしまいました。
測定してないですけど無機塩類の濃度があがってるんでしょうな~
水換えの量を増やさないといかんのかもしれないです(--;デモメンドクサイ...

あと、深場ミドリイシのスハルソとカロリニアーナは、サカナを増やした直後から
触手が出なくなり、段々弱って白化してしまいました。
深場浅場よりは水質にシビアなのでその影響かもしれませんねー。

大きなサンゴが2つ無くなってポカンとスペースが出来てしまったので配置換えを行いました。

IMGP7424.jpg

向かって右側はメタハラ浅場水槽、左側はLED水槽になりました。
90cm水槽でここまではっきり住み分けしている水槽も珍しいのでは??

IMGP7431.jpg
  1. 2011/03/21(月) 11:34:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水槽プチ崩壊 の巻

いままでほとんど水槽に魚を入れないようにしていたのに、最近急にお魚リッチな水槽に変えている理由は
ひとつにはたまには賑やかな水槽もいいなぁと思ってのことなんですけど、もうひとつの理由は珊瑚の色を濃くするためです。

最近ゼオビットを始めとする、超低栄養塩システム(UNLS)水槽でパステルカラーのミドリイシを育てるのが
流行ってますが、おいらは今も昔もパステル調のサンゴよりガンガンに濃い色の珊瑚が好きなのです。
パステルピンクよりも、サーモンピンクのハイマツが好きですし、水色よりスーパーブルーのトゲスギを好みます。
(だからULNSにはあまり興味がありません。。。ボソッ)

うちの水槽もスギノキなどは、かなり濃い色が出ていると思うんですが、悲しいかな、どちらかというと
サンゴはパステル調になる傾向があります。

魚リッチな水槽ではサンゴの色が濃くなる(栄養塩がある程度上がるから?)傾向があるとのことなので
そんな影響も考えて、サカナリッチな水槽にしてみた訳です。

デバとバートレットを追加して、さーどうなるかと楽しみにしていた矢先、事件発生。

ある日水槽を覗いてみると、昨日まで元気だった全てののミドリイシの触手が完全に引っ込み、
タコアシサンゴなどのハードコーラルもクシャクシャに縮んでいるではありませんか!

すぐに水温、塩分濃度、KHをチェックしたけど正常。サカナも問題なし。
なんだろう、、、と思って細かくチェックしてみると、、、

ぎょぎょぎょ!

IMGP7420.jpg

をー!!!なんじゃこりゃ!!
ヒーターが割れて電熱線がむき出しになって錆びまくってます
原因は錆びて破壊されたヒーターから何やら色々な金属イオンが大量に放出されたのでしょう
銅イオンなどが流出していたら、SPS水槽にとっては致命的。

すぐに125Lの水換え(仕事から帰ってからだったので23:00)。
次の日も約100Lの水換え。

その結果、約3年間少しづつ成長していたウネコモンサンゴが没。
グリグリのサーモンピンクだったショウガサンゴは、ハゲサンゴに。

IMGP7421.jpg

調子良くピンクに色があがっていたハイマツもすっかりパステル色に。。。(--;

ビフォー
IMGP7373-2.jpg

アフター
IMGP7394-2.jpg

↑このときはまだ後ろのショウガサンゴもダメージ少なかったんですが、その後段々はげてしまいました。
ピンクのハイマツの下にあるブルーのハイマツもショボイ色に。。。

ミドリイシの調子を上げるには数ヶ月単位の時間がかかるのに、調子を落とすのは一瞬。
嗚呼むなしい。。

どうしてもミドリイシをパステルにしたい人は、超微量の銅金属イオンでも投入すれば簡単かも?(笑)
実際、ゼオビットでも微量の銅イオンがパステル色の誘導にかかわっているという話もあるとかないとか。。

しかし、もしヒーターがショートしてたらと考えると恐ろしい。
ヒーターがショート → ブレーカーが落ちる → 循環停止 → 酸欠で水槽崩壊。。。

でもあの状態でなんでショートしなかったんだろう。。??
うーん、ヒーターなんてそんな高いものではないので、これからはけちらず新しいものに変えよう。。





  1. 2011/02/17(木) 23:05:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>

プロフィール

Author:ゴーヤ
相互リンク募集中です
リンクしてくださる方はコメントに一言お願いします(^^

当HPのバナーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (90)

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。